大会終了後のオプショナルツアーにも参加しました。富岡町、浪江町、南相馬市など、福島第一原発事故による放射線の問題を抱えるまちをめぐりました。住民のいない町の風景や、黒い袋に詰められた除染廃棄物が町のいたるところに積み上げられた光景は、やはり異様でした。放射線量や廃棄物の受け入れ先など、クリアしなくてはいけないさまざまな課題があることと思いますが、町が少しでも早く元通りになることを願います。オプショナルツアーへの関心は非常に高く、大会参加者の3割以上の方(90名)が参加されたと伺いました。

20160801_063829176_iOS20160801_062741944_iOS20160801_070337217_iOS

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3日間を通して全国の先生方との交流ができ、大変有意義な場だったと感じています。

営業部 川口 悠

この記事を書いたのは…

川口 悠
川口 悠三友社出版 営業部 営業一課 課長
三友社出版で12年間にわたり営業を務める。2013年より営業課長に就任。教科書営業の時期には北海道から沖縄まで、日本全国を飛び回る。